スロバキア

日本人の知らないスロバキアの自然観光!スロバキアを愛する男によるスロバキア観光2日目☆<Day209>

スロバキア|バフレトカの遊歩道

どうもこんにちは、みずほです。

 

トルコは通貨の価値が下がっているので観光地の入場料や食事はちょっと値上がりしているようなんですが、

スタバは変わってないようなのでトールサイズ1杯200円くらいで飲めます。フラペチーノも同様です。

全世界にあるからあまり通貨の安い高いで価格変えないんでしょうね。ボードとシステム変えるほうがお金かかりそうですし。

 

 

 

さて、209日目の9月1日はスロバキアツアーの2日目についてです!

 

今日のMさんによるスロバキアツアーの予定は

・最近できたタトラの回廊に行く

・ポーランドで昼ご飯

・川下り

スピシュ城

です。スピシュ城は時間の都合により明日に振り替えたので上3つを楽しんできました!

 

想像よりもとても楽しいスロバキア!!

 

バフレトカ(タトラ)の遊歩道

スロバキア|道路

スロバキアの東にはタトラ山脈が広がっていて、最近スロバキアの財閥が造ったすごい遊歩道があるとのことで行ってみることに!

 

 

スロバキア|バフレトカ

駐車場に車を止めて、テーマパークのような入口を上っていきます。

右上に見えるお店のトイレは無料でした!

 

 

日本語で検索しても何も出てこないので何と呼んだらいいのかわかりませんが、タトラのバフレトカという場所にあり、スロバキア語で「木々の冠の遊歩道」というらしいです。

以後バフレトカの遊歩道と呼びましょう(´▽`)♪

 

 

冬季はスキー場になるみたいで、リフトやゴンドラが辺りに並べられていました。

 

 

スロバキア|バフレトカ

遊歩道に行くまでの道がずっと上りで結構長くて、写真のようなショートカット道を無理して何度か登りました(笑)

 

普段だったら「坂長い!おばちゃんは疲れた!後ろから押せ!」とぶーぶー言いますが

「彼氏の友人」の前ですからね、世界一周で鍛えた(?)足腰で息切れしながらにこにこ登りましょう。

 

 

スロバキア|バフレトカ

駐車場から45分ほど歩いてようやく到着です。。つ、つかれた。。

 

 

スロバキア|バフレトカの遊歩道

入場券を買って中に入ります。出る頃には入場制限していたので午前中に到着できて良かった!

ひとり9ユーロ(≒1170円)でした。

思ったより高い(笑)

 

 

スロバキア|バフレトカの遊歩道

うおおおお凄い!!!!!

 

スロバキア|バフレトカの遊歩道

なにこれ凄い!!!面白い!!!

 

スロバキア|バフレトカの遊歩道

足元に森、見渡すと山々!ちょっと怖いけど楽しい(*’▽’)

 

 

奥に見える塔まで歩いてみます!

 

 

スロバキア|バフレトカの遊歩道

一本の木を渡るというエンターテインメントなスポットもちょこちょこあります◎

 

 

ドローンで見るとこんな感じ☆

 

 

スロバキア人はドローンに興味津々でにこにこ見守ってくれるので飛ばしやすい♪

 

 

 

塔に上りながら上を見上げてみると

 

スロバキア|バフレトカの遊歩道

網にたくさんの人が( ゚Д゚)

「黒い」「網」を見て焼肉行きたい。と思ってしまったのは私だけではないはず。

 

人数制限など書いてないので本当に大丈夫か心配しながら、乗ったり戻ったり乗ったり戻ったりしながら遊びました(´▽`)

 

想像以上に楽しい場所でした!!

 


↑バフレトカの遊歩道の場所です

 

 

ドゥナイェツ川で川下り

ドゥナイェツ川の川下り

ポーランドでお昼ご飯を食べた後は、ポーランドとスロバキアの国境に流れるドゥナイェツ川で川下りをします!

 

ここでもMさんに全てお任せしたため主体性がない私はチケット売り場やチケットの写真は撮り忘れました。すみません。

 

 

ひとり14ユーロでしたが、12人揃わないと出発しないとのこと。

いま我々は8人。

あと4人。

 

 

周囲を見渡すも観光客はゼロ。

 

 

4人。。。

 

 

 

追加でお金を払えばすぐ出発してくれるらしい。

 

 

 

 

・・払おう。(満場一致)

 

 

ということでひとり20ユーロ支払って出発しましょう!!

 

 

あ、そういえば今まで書いておりませんでしたがスロバキアツアーは8人で周っています。

私たちの他はMさん含めみなさんスロバキア在住の方々です。同年代なので過ごしやすくて人見知りの私たちも助かります。

 

 

 

それにしても川下りにしては値段が高いな~(川下りするの初めてだけど)と思ったので所要時間何分なんだろう?30分くらいかな?と思いMさんに聞くと

 

 

M:90分だよ

 

 

 

なげええええ( ゚Д゚)

1時間半も川下り( ゚Д゚)

 

もうちょっと短くていいから安くしてほしい・・(笑)

 

 

 

 

 

ドゥナイェツ川の川下り

舟は細いボートを5つくっつけた感じで、スタッフがふたりいて前後で漕いでくれます。

 

しかし前のスタッフの彼、全然仕事しない。笑

ちょこちょこ英語で説明してくれるのですが、それ以外はぼーっとしたりタバコ吸ったり。もう、全然漕がない。笑

もうすぐブラチスラバにあるVMかなんかに勤めるそうで、ここは給料も安いしやる気がないんだそうです。

目の前の仕事をちゃんとできないようなあなたはVMでもやっていけないと思います。無職が言えることではありませんが。

 

 

 

他の場所から出ている舟はふたりで息を合わせて漕いでるのでずんずん抜かされます。

私たちはというと

 

 

ドゥナイェツ川で川下り

スタッフが着用していた青ジャケットと黒の帽子を借りて記念撮影をしていました(笑)

決して自分たちから言ったわけではないんです。

やる気なしのスタッフが「ちょっと着て漕いでみなよ」とまず私に制服と棒を渡し、いつまでも後ろでタバコ吸っているものだからみなさんがずっと漕いでいる私に気を遣って代わりばんこしよう!と遊びに転換してくれたんです。

 

しかしこの川下りに過去3回参加しているMさんもこれは初めてだったということで、

これはこれで楽しかったし良かったなと思いました(^^)

 

 

 

ドゥナイェツ川の川下り

左がポーランド、右がスロバキア。その間を下っていきます。

自然に包まれて大変気持ちが良いです(´▽`)

 

 

ドローンも飛ばしてみました。スタッフはびっくりしていました(笑)

※受付で飛行可能確認済!

 

 

 

ドゥナイェツ川で川下り|帰りのバス

90分では到着せず予定から10分ほど押して到着です。

ここから出発場所まで戻るには徒歩or自転車orミニバスになりますが徒歩だと2時間かかる道なのでミニバスで帰ることにしました。

 

ひとり4ユーロ(520円)。

高いわ!!笑

 

 

ドゥナイェツ川で川下り|帰りのバス

帰りに見えた景色はイタリアの世界遺産オルチャ渓谷並みにきれいでした。

 


↑川下り受付&出発場所

 

 

絶品スロバキア料理に舌鼓

kofola

夕食は宿に近いレストランでスロバキア料理をいただきます!

飲み物はKofola(コフォラ)。スロバキアのコーラです。ペットボトルよりドラフトのほうが美味しいので家より店で飲む人が多いらしいです。

 

 

 

スロバキア料理は羊のチーズばかり・・とちょっと飽きてきたところですがここのスロバキア料理は違いました!!

 

 

スロバキア料理

牛肉のタルタル!!

ジューシーでいて味付けあっさりで大好きでした!!

 

 

スロバキア料理

チキン×コールスロー×ポテト!!

チキンがジューシーでほろほろでめちゃくちゃ美味しいし、コールスローの味付けもどストライク!!これはスロバキア料理なのかわからないけど、そういうことにしておきましょう!!

 

魚のグリルも美味しそうでした!

 

 

スロバキア料理

初めに出てきたパンとたまねぎのジャムも自家製で、美味しすぎてテイクアウトを頼みました(笑)

 

 

スロバキア在住の方々が

「スロバキア料理で1番美味しい」

と言っていたので、タトラにお越しの際はぜひ行ってみてください!!

 

 

↑ホテルしか地図に載ってない(*_*)

 

 

 

 

山に川に食事に盛りだくさん楽しめた1日でした!!

 

 

生活の記録コーナー

本日のご飯

朝→インスタントラーメン

昼→ポークソテーとマッシュルームスープ

夜→牛のタルタル・グリルチキン

本日の宿

Mが見つけたアパートメント

本日使ったお金

12500円です。(1ユーロ≒130円)

宿泊費:2100円

食費:2800円

移動費:7600円

 

1回スタバを買うとまた買いたくなる・・

 

mizuho

****************************************************
ブログランキングに参加中です!
おもしろかったり、役に立ったりしたら
世界一周ボタンをぽちっとお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
****************************************************

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です