ウクライナ

チェルノブイリ原発博物館で色々考えたあと夜行列車でキエフからリヴィウへ!<Day255>

キエフ駅外観

どうもこんにちは、みずほです!

 

少しお久しぶりです!

パソコンを宿に置き忘れ、開き直って漫画を読んでおりました(о´∀`о)

 

忘れたのがアイスランドで、そしてプライベートルームで良かったー(о´∀`о)

まあそんな安心感ゆえに忘れたという面もありますが‥

 

 

さて、255日目の10月17日はチェルノブイリ原発博物館に行ったあとに寝台列車でリヴィウに移動しました〜!

 

寝台列車快適すぎるーー

 

紅葉巡り

シナボン

今日も美味しくシナボンを食べて、まずは紅葉を見に行きたいと思います!

シナボンは日本だと300円くらいしたと思いますが、ウクライナなら160円ほどで買えたので嬉しくて朝食にしてました(о´∀`о)重めなので半分こ。

 

 

キエフに着いたときから紅葉の綺麗さに目を奪われていたので、今日はドローンで撮影するべく人が少ない川辺に向かおうと思います!

 

 

キエフ|モニュメント

途中にあったモニュメント。

何と書いてあったかは忘れてしまいました;

 

 

キエフ|メリーゴーランド

ぽつんとメリーゴーランド。

いつ動くのでしょう。

 

 

キエフ|紅葉

落ち葉を踏みしめながら歩きます♪

 

 

キエフ|遠くから見た橋

橋が見えてきました!!

 

 

キエフ|ホコテン橋1キエフ|ホコテン橋2

かっこいい〜!!

自動車は通れない橋なのでゆったり歩けます(´▽`)

 

 

キエフ|ホコテン橋からの紅葉

橋を渡った向こう側に行ってドローン撮影したいと思います!

 

 

※音なし、26秒

紅葉がきれい〜(о´∀`о)

 

 

今日もプザタハタ☆

プザタハタ

今日も今日とで指差し式食堂プザタハタに行きます!

大好き過ぎてプザタハタに行くことが毎日の一番の楽しみ。笑

午前中は基本的にプザタハタでなにを頼むかを考えてました。

 

 

るんるん

るんるん♪

 

 

 

今日のプザタハタはこれ!

 

プザタハタランチ1

パン、ボルシチ、グリル野菜、マッシュポテト、つくね

プザタハタランチ2

ボルシチ、ボロネーゼ、グリル野菜、キノコのクリーム煮、パン

 

全部好きなやつー!!

ちょっと頼み過ぎたかな・・笑

 

お腹いっぱい、いっぱいすぎるくらい食べて2人で900円ほどでした!

次はもっと安く幸せになれるようにメニュー考えねば〜

 

 

アロマカヴァ

ずっと気になってたキエフにたくさんあるコーヒーやさん「AROMA KAVA」でラテを買って、次の目的地へ向かいます(´▽`)

コーヒー買ってもいいなんて今日は幸せな日だ〜〜!!!

 

 

キエフのカラオケ

カパオケ☆

キリル文字はRをPと書くのでKAPAOKEになるらしいです〜

 

 

チェルノブイリ原発博物館観光

チェルノブイリ原発博物館|入口

今日のメインであるチェルノブイリ原発博物館にやってきました!

 

 

チェルノブイリ原発博物館|営業時間

営業時間10-18時って書いてありますね。多分。

 

 

チェルノブイリ原発博物館|チケット

入場券20フリブニャ(80円)×2

写真撮影代20フリブニャ(80円)×2

オーディオガイド代50フリブニャ(200円)×1を支払って観光開始!

オーディオガイドはデポジットが100フリブニャ必要です!

 

 

チェルノブイリ原発博物館|日本の展示

まず1階は日本の展示がしてありました。特別展示らしいですが、どのブログを見てもずっと日本の展示してるみたいなのであまり変わることはないんだと思います。

 

 

チェルノブイリ原発博物館|原爆の絵

WW2のときの原爆の絵があったり、

 

 

チェルノブイリ原発博物館|福島の写真チェルノブイリ原発博物館|福島の線量率

東日本大震災のときの福島原発の写真や線量率の図があったりします。

 

核を語る上で日本は切り離せない存在であることを感じました。

 

 

チェルノブイリ原発博物館|日本の原発

日本のどこにどのくらいの原発があって稼働中であるかの図があって、正直こんなにあることを知らなくてそんな自分に驚きました。

ニュースでよく出てくる場所は知っているけど、どこにどれだけあるか調べたことはなかったなと。

 

きっとどこかで「他人事」のように考えてしまっていた自分たちに反省。。

自分事にしてどう変わるかは分かりませんが、自分の国のことをもっと知っておくべきだなと思いました。

 

 

チェルノブイリ原発博物館|カミカゼポエム

このカミカゼポエムはよう分かりませんでした。

もう神風とか言わない方が良いのでは‥

 

 

さて、階段を上がってチェルノブイリ原発の展示に移りたいと思います!

 

 

 

チェルノブイリ原発博物館|消えた町のプレート

階段の天井には出入りできなくなった町のプレートが並べられています。

こんなに多くの町が失われたんだなと感じさせてくれます。

 

 

チェルノブイリ原発博物館|止まった時計

原発事故発生時刻に止まった時計。

 

 

チェルノブイリ原発博物館|防護服や写真

防護服や原発事故に携わった人たちの写真。

右下に赤と黄色の丸印がある方は事故やその後の処理が原因で亡くなった方だそうです。

 

 

チェルノブイリ原発博物館|原発の模型

原発の模型。原発を作った当初は絶対壊れない自信があったそう。人が作ったものに絶対なんてないのでしょうね。

 

 

チェルノブイリ原発博物館|木

森林が放射能を吸収する作用があることから、植林がよく行われたそうです。

 

 

チェルノブイリ原発博物館|国旗

支援した国の国旗。

 

 

チェルノブイリ原発博物館|折り鶴

日本語のメッセージが書かれた鶴もありました。

 

 

チェルノブイリ原発博物館|子供たちの写真

一通り見て、オーディオガイド聞き終わっておしまい。

 

 

観光後の帰り道は2人で原発について会話しながら歩きました。

 

原発によって利益を受けるのは作る側だけじゃなく、その土地の人にも沢山お金が支払われてビジネスとしては悪くないのかもしれないし、

30カ国435機動いていた中でチェルノブイリと福島の2機だけが事故を起こしたのは確率としては少ないのかもしれない。

 

でも、やっぱりこんなに人間や動物や自然を殺すものを私たち人間が作るのってどうなのかと思います。勝手に地球の頂点に立ったつもりで物事を進め過ぎだなーと。

 

電気が足りない、なんてことないんじゃないかなー。

 

元々無かったものを無くすことができないって

傲慢だしそれこそ思考停止なんじゃないかなって思いました。

 

まあ、専門的知識もない上に無職の私が言ってる勝手な意見なのですが‥笑

 

原発ありなし論よりなしが前提でその方法を考えよう!っていう社会になったら嬉しいな、というのがわたしのチェルノブイリ原発博物館を観光した感想です!

 

こういうところに来ないと誰かと意見交わすってことないから、来れてよかったなと思いました(^_^)

 

 

 

夜行寝台列車でキエフからリヴィウへ

キエフ行きのバス

バスでキエフ駅に向かいます!

独立広場の近くのバス停から114番のバスに乗って40分ほど。

料金は8フリブニャ(≒32円)です。やす〜い。

Googlemapの経路検索で出てくるので便利(о´∀`о)

 

↑キエフ駅

 

 

キエフ駅外観キエフ駅内装

駅は立派。さすが首都ですね〜

 

 

キエフ駅時刻表1キエフ駅時刻表2

時刻表でプラットホーム番号を確認して向かいます。

キリル文字は読めないけど列車の番号で確認できるから問題なし!

列車のチケットはネットで買いました!こちらのサイトが分かりやすいです→

 

 

キエフ駅構内

テクテク

 

 

キエフ→リヴィウ電車

おお〜寝台列車って感じ(´▽`)

各車両の乗車口に乗務員さんがいるのでチケットを確認してもらい乗り込みます!

 

 

キエフ→リヴィウ2等車内

今回の寝台列車は2等車で1コンパートメントに2段ベッドが2台ある形です。

 

 

キエフ→リヴィウ2等車|ベッドキエフ→リヴィウ2等車|シーツ

綺麗だし荷物置けるしシーツもあるし何も問題ないですね(о´∀`о)

アゼルバイジャン⇄ジョージアもだけど、旧ソ連圏だからか寝台列車がちゃんとしてます。

タオルもあるのが嬉しい!

トイレは私は行ってませんが、くにちゃん曰く何も問題なかったそうです!

 

 

定刻に出発して早々に眠りにつきますzz

電気もすぐに消えました。

22:42発で6時着予定だから、ゆっくり寝られそう〜(^_^)

 

 

 

電車

ガタンゴトン‥ガタンゴトン‥

 

 

深夜に乗務員に起こされて、紅茶を淹れてくれました。

 

えっ何で夜中に起こしてまでトイレに行きたくなるものを‥?まだ2〜3時とかでしょう?

 

 

飲みながら携帯を見ます。

 

5:55

 

 

えええ!!

もうそんな時間!!

到着5分前!!

そんなにぐっすり寝てたのか( ゚Д゚)

 

 

紅茶をいただいて、身支度をして列車を降ります。

 

 

リヴィウ駅

わー、一瞬だったなー!!

それだけ快適でした!

 

 

リヴィウ駅前

リヴィウ駅前は朝6時にも関わらず営業しているお店が沢山ありました!駅前のほとんどが24時間ぽかったです。

 

 

リヴィウトラム

トラムに乗って宿の近くのマクドナルドへ向かいましたとさ(о´∀`о)

 

ウクライナはバスもトラムも乗ってから支払いなのでチケットの用意が要らなくて楽ちんです♪

 

 

次回はリヴィウ観光と最高なチョコレートカフェについて(^^)/

 

 

生活の情報コーナー

本日のご飯

朝→シナボン

昼→プザタハタ(Puzata hata)

夜→プザタハタ(Puzata hata)

本日の宿

夜行列車

本日使ったお金

4800円です。

(1フリヴニャ≒4円)

宿泊費:0円

食費:1700円

観光費:520円

移動費:4060円

雑費:200円

 

ウクライナあたりから日焼けした肌が白に戻りました。

ウクライナに美人が多いのはなにか大気中に肌を白くさせる効果でもあるのだろうか・・(笑)

 

mizuho

****************************************************
ブログランキングに参加中です!
おもしろかったり、役に立ったりしたら
世界一周ボタンをぽちっとお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
****************************************************

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です