コソボ

みんなおいでよプリズレン!観光も食事も楽しいコンパクトな町~観光編~<Day228・229>

プリズレン|古い石橋

どうもこんにちは、みずほです!

 

サウジアラビアの記者が生きたまま切断されてその後死んじゃったやつ、めっちゃ怖くないですか。

 

最近くにちゃんが買ったルイ16世を処刑したフランスの処刑人の漫画を読んでいるのですが、それに出てきた八つ裂きの刑を彷彿とさせて現代でも‥?!ってなって震えました。

 

 

さて、128・129日目の9月20・21日はコソボのプリズレンを観光してきました!

 

プリズレンへのアツい想いを書いたら合計で5000文字にも達したので2回に分けます(笑)

 

移動、コソボという国についてはこちら(別タブで開きます)↓

あわせて読みたい
Sushi te Shoki|唐揚げ
シュコドラの日本食最高!そしてプリズレンへ陸路移動。<Day227>どうもこんにちは、みずほです! 海外で米料理が恋しくなったら、日本食料理に行くより中華料理に行く方がいいです。 日本...

プリズレンの食事についてはこちら(別タブで開きます)↓

あわせて読みたい
コソボグルメ|ボンピッツァ
みんなおいでよプリズレン!観光も食事も楽しいコンパクトな町~食事編~<Day228・229>コソボのプリズレンを観光しました!多文化だけどコンパクトな街並み、素晴らしいサンセット、コスパ抜群の食事、優しくて親切なコソボ人と良いとこだらけで大満足でした!観光や食事の様子をまとめたのでぜひご覧ください。...

 

プリズレン観光のススメ

プリズレン場所

プリズレンはコソボの南部にある都市です。

コソボはギリシャの上の上にある国。

元々プリズレンという都市の存在は知りませんでしたが、友人から勧められたので来ることにしました!

 

行ってみたら想像以上に楽しくて、プリズレン最高ー!!となったので観光スポットやグルメをまとめてみたいと思います♡

ただ日本からのアクセスは悪いので中長期旅行者・バルカン半島旅行者向けです・・(笑)

 

 

プリズレン観光①中心を流れる川とその橋

コソボ|プリズレン

プリズレンの町の真ん中を流れるビストリツァ川。

写真右側に観光スポットや飲食店が集まり、写真左側は観光スポットのほか宿やおしゃれカフェがあったりします!

 

 

プリズレン|古い石橋

このストーンブリッジが観光スポットの1つですが

 

 

プリズレン|南京錠の橋

すぐ隣にあるこの橋のほうが印象深かったです。

 

なぜかというと

 

プリズレン|南京錠の橋

南京錠の量、ちょっと多すぎない?笑

恋人たちの南京錠がかかってる場所は日本含め世界中にいくらでもありますが、こんなにキツキツになってるのはなかなか見たことない。笑

どうしてもここに掛けたかったんですねえ‥

 

くにちゃんはこういう恋人の一緒にいられますように♡みたいな願掛けを見ると、「こんなん掛けたって何の解決にもならないんだからこんなことする前に現実に向き合ってお互いの不満を話し合った方が関係の長続きにつながるでしょ」とか言います。

 

‥そういうことじゃないと思います。

まあ、私もこういうのやろうと思ったことはないですが。願っても意味はないのです。

 

 

プリズレン観光②文化の混じり合い

プリズレン|街並み

バルカン半島の中の国は色んな国に侵略された歴史があり文化の混じり合いがありますが、コソボもまたその1つ。

 

 

コソボ|プリズレン

この石畳はオーストリアに支配された時代に敷かれたものらしいです。それまでオスマン帝国に支配されていたコソボをヨーロッパらしい景観に変えた大きな変化らしい。

確かにーー。石畳ってなると一気にヨーロッパ感出ますよね。

 

イタリアを真似た川崎のラチッタデッラも当初は石畳を敷いてましたが、ヒールで歩きづらいとかベビーカーが利用しづらいという声が多数寄せらた結果、平らにするための工事が行われました。日本では石畳は受け入れられがたいようです。

 

 

イスラム教の文化もキリスト教の文化も見られるプリズレン、その両方の宗教施設を見てみましょう!

 

 

コソボ|プリズレン

まずはプリズレンの町のどこからでも見えるミナレットを伸ばしているイスラム教の宗教施設モスクに行ってみます。

 

 

シナン・パシャ・モスク

シナン・パシャ・モスクに来ました!

観光客入り口などはなく、正面口から自由に入って良さそうでした(´▽`)

 

 

シナン・パシャ・モスク シナン・パシャ・モスク シナン・パシャ・モスク シナン・パシャ・モスク シナン・パシャ・モスク

こじんまりとしてますが、天井や壁の幾何学模様が美しいです(´▽`)

モスクって落ち着くから好きだなあ・・(´▽`)

みんな裸足で入るから足のにおいが気になる~!って方もいますが、鼻がきく私でも特に何も感じませんでした!

 

 

お次はキリスト教〜!

 

聖ジョージ教会

聖ジョージ教会。セルビア正教会です。

残念ながら建物の中に入ることはできず、敷地内で建物の周りをぐるっとすることはできましたが写真はNGだったので施設外からの写真だけ撮らせていただきました。

 

奥にミナレットが写りこんでいる感じが文化の交わりを感じて良いですね(´▽`)

 

 

セルビア正教会

お次は唯一のカトリック教会「Catholic Cathedral of Our Lady of Perpetual Succour」。日本語名が分からず!(笑)

シンプルな鐘楼が素敵!そしてここも中に入れなかったー!

 

 

リェビシャの正神女教会 プリズレン|リェヴィシャの生神女教会

お次はリェビシャの正神女教会

ここもセルビア正教会!鉄柵で囲われていて完全に誰も中に入れない感じでした。以前に暴動があったとかなんとか。オスマン帝国時代はモスクとして使われていたようです!

 

 

ちょっと歩いてバスターミナルの近くにある元モスクってやつを見に行きましょう。

行く過程には

 

プリズレン|新市街 プリズレン|新市街

こんな立派なマンションがありました。

中心地を離れると似たようなマンションが沢山あったので、こういうの見ると世界はどんどん同じ景色になっていくんだろうなと思います。

 

 

 

はい、着きました元モスク「Namazgah

 

 

プリズレン|元モスク

ショボッ

ちっちゃ!

 

 

プリズレン|元モスク プリズレン|元モスク

でも足洗い場もあるし

 

 

プリズレン|元モスク

モスクの聖堂の奥にあるこれもあるので、モスクですね。たしかに元モスク。

説明書きに英語がないので何もわかりませんが笑

 

 

 

そして最後に

 

プリズレン|ハマム

トルコ式ハマム。今は使われていないようで、博物館っぽくなってました。

入場料は無料です!

 

 

1つの町の中にトルコの面影があったりオーストリアなどのヨーロッパ諸国の面影があったり歩いててすごく面白いです!

 

 

プリズレン観光③要塞からの夕日がめっちゃ綺麗

私たちは夕日をあんまり見にいかないタイプなんですが、宿のスタッフにゴリ押しされたので行ってみることにしました!

 

 

↑場所はここです

クロアチアのドゥブロヴニク以来毎日高台に登ってるような‥

 

 

プリズレン|城塞

到着!!

 

 

プリズレン|要塞からの夕日

お、綺麗かも!!

 

 

プリズレン

なぜか写真撮影に呼ばれて一緒に写ったりしながらもう少し日が沈むのを待つと

 

 

プリズレン|サンセット

綺麗〜〜〜!!

山の後ろから降り注ぐ光が美しい!山並みの陰影がいい感じ。そしてプリズレンに流れる川、オレンジ色の屋根、異文化的にも感じるモスクがアクセントになって素晴らしい景観(´▽`)♡

 

 

プリズレン|夕日

想像以上の夕焼けの景色が見られてご機嫌な私たちです。笑

 

 

ここは要塞なのでふらふらお散歩してみましょう!

 

 

プリズレン|要塞

規制などゼロなのでどの道を歩けばいいかわかりませんが、なんとなく歩きます♪

 

 

プリズレン|要塞

ギリギリなとこもあります笑

これバランス崩したら10mくらい下の瓦礫に落ちるので結構危ない。でも私も自分だけの力で登ります。

そんなときでも男の手は借りない、これが私のやり方だ!!

 

 

プリズレン|要塞

劇場みたいのもありました。

 

 

プリズレン|要塞

部屋かなあ?

 

暗くなる前に下りようと思い最後に夕日を眺めると

 

 

プリズレン|夕日

すごく良い景色‥

ああ、プリズレン好きだ‥

 

 

プリズレン|教会

下りながら見えたこれはオスマン帝国に破壊された教会らしい。

これからトルコに向かう私たちにとってそういうの知るとワクワクしちゃいます。オスマン帝国強い‥

 

 

 

と、プリズレンの観光についてはこんな感じ!

コンパクトな町なので1日で全て見られます(´▽`)♪

 

つづいてグルメや雰囲気については次回のブログで♡

 

 

****************************************************
ブログランキングに参加中です!
おもしろかったり、役に立ったりしたら
世界一周ボタンをぽちっとお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
****************************************************

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です