クロアチア

魔女の宅急便の舞台!?と言われるドゥブロブニクへ!ドローン飛ばしたら絶景でした!<Day223>

ドゥブロヴニク|ドローン

どうもこんにちは、みずほです!

 

今日は楽しみにしていたアドリア海の真珠と呼ばれるドゥブロブニクを観光した日の話です!

最近よくテレビやSNSで「魔女の宅急便の舞台?!」と紹介されているドゥブロブニクですが、実際どこにあるのか私もよく分かってなかったのでまず地図から↓

 

ドゥブロブニクの場所

アドリア海に面したここにあります↑

 

ドゥブロブニク

1979年世界遺産に登録された旧市街は「アドリア海の真珠」とも謳われる美しい町並みを誇る。アドリア海沿岸でも傑出した観光地であり、多数のクルーズ船が寄港する他、地中海各都市とフェリーで結ばれドゥブロヴニク=ネレトヴァ郡の中心都市となっている。人口は2011年に行われた国勢調査で42,641である。そのうち、約28,000人はドゥブロヴニク市街に居住している。2001年の国勢調査ではクロアチア人は住民の88.39%を占めていた。

ドゥブロヴニクは歴史的に海洋貿易によって栄えた都市で、中世ラグーサ共和国アマルフィピサジェノヴァヴェネツィアなどと共に5つの海洋共和国に数えられ、アドリア海東側では唯一のライバルである都市国家ヴェネチア共和国だけであった。巧みな外交術と豊富な富に支えられ15世紀から16世紀にかけてはとくに発展している。1970年代、恒久的に戦争による破壊から守るために非武装化されたが、1991年のユーゴスラビア崩壊に伴う紛争でセルビア・モンテネグロ勢力によって7ヶ月間包囲(ドゥブロヴニク包囲)され砲撃により多大な損害を蒙った。※Wikipedia

 

私が生まれた1992年までユーゴスラビア脱退により砲撃を受けていたドゥブロブニク。

26年経って、こんなに有名な観光地に戻っているのだから驚きです。

ただ綺麗~だけじゃなくて、ここを守りたかった気持ちと修復した努力を感じながら観光したいと思います(^^)

 

 

223日目の9月15日はドゥブロブニクの旧市街を観光したあと、また海にどぼーんしてきました!

 

ドローンも飛ばしたのでぜひ見てください(´▽`)

 

ドゥブロブニクカード購入

ドゥブロブニクカード

宿のおばちゃんに「ドゥブロブニクカードを作ったほうがいいわよ!!!絶対!!!」とごり押しされて、考えてみたらバスを使いたい私たちにとってはお得そうだったので作ってみることにしました(*’▽’)

 

 

ドゥブロブニクカード

1日券・3日券・7日券とあって、購入すると旧市街の城壁や博物館や修道院に入ることができるのに加えて市内バスの乗車券がついてきます!

私たちは1日券をネットで購入して、指定の受け取り場所でカードを受け取りました(´▽`)

窓口などよりもネットのほうが安くなるので事前に購入しておくことをおすすめします♪

詳しい情報はこちらをご参考ください(価格の情報が古いですが)→

 

 

ドゥブロブニクカード

中に入っているバス乗車券。

1日券の中には24時間利用可能なバス乗車券が入っているので、あえて今日は昼頃に出かけて明日の午前中も使えるようにしました。今日も元気にケチい私たちです。

 

 

ドゥブロブニク|バスドゥブロブニク|バス

旧市街の入口となるピレ門にバスで向かいます(´▽`)

バス内は飲食禁止のようなのでご注意を~~

 

 

ドゥブロブニク|バス

↑バスの路線図

 

 

ドゥブロブニクの旧市街観光

ドゥブロブニク地図

ドゥブロブニクの旧市街は上記の地図のオレンジの線の通りに城壁に囲まれていて、旧市街だけではなく城壁の上を歩くこともできます!

私たちは左の赤い矢印が示すピレ門から観光をスタートしたいと思います。

 

 

ドゥブロブニク|ピレ門

そのピレ門に到着ーーー!!人多いーーー( ゚Д゚)( ゚Д゚)

この中が旧市街です!旧市街に入るのはチケット不要!行ってみましょー!!

 

 

ドゥブロブニク|旧市街

賑わってますねーー(´▽`)

旧市街は混んでそうなので、さっそく城壁を歩いてみることにします!

 

 

ドゥブロブニクの城壁のチケット

旧市街入って左手にある入口を通ったところの窓口でドゥブロブニクカードを城壁チケットに交換してもらいます!

さて行ってみようー(*’▽’)わくわく(*’▽’)

 

 

ドゥブロブニク|城壁上ドゥブロヴニク|旧市街

きれーーーーーーーー!!!!!

 

ドゥブロブニク|旧市街

ぜ、絶景・・・

 

ドゥブロブニク|城壁上

後であっちの要塞からも眺めたいと思います!

 

 

ドゥブロヴニク|旧市街ドゥブロヴニク|旧市街

旧市街の中は人も住んでいるので、生活感も感じます(´▽`)

 

 

ドゥブロヴニク|旧市街

随分良いところに住んでいるネコだな~~

 

 

ドゥブロヴニク|旧市街ドゥブロヴニク|城壁ドゥブロヴニク|旧市街

屋根の瓦も新しかったり古かったりします。

古いと思われる瓦は紛争のときに打撃を受けなかったものとかなんでしょうか?

 

 

ドゥブロブニク|旧市街

山側の高いところから見ると本当に美しいです。

ユーゴスラビア脱退の際の破壊から26年でこんなに美しい街に復活しているなんて、この土地の住民の方々は本当に強いなと思います。

 

 

 

さて、ドローンOKな場所では私との会話よりドローンスポット探しに夢中なくにちゃんがドゥブロブニクでもドローンを飛ばしてみたのでぜひご覧ください(´▽`)笑

↓↓↓※音なし

 

 

真珠っすね。アドリア海の真珠っすわこれ。真珠以外の何物でもないっすわ。そんなことはないっすね。はい。

 

 

ドゥブロヴニク|旧市街

ずっと一緒に来たかったドゥブロブニクだったので記念写真も満面の笑みで撮れました(*’▽’)

 

 

 

ドゥブロブニクの旧市街でランチ

ドゥブロヴニク|旧市街

城壁を下りたあとは旧市街を軽く散策して、

 

あーークロアチアと言えばのシーフード食べたああああああい!!!!!

 

と言いながら

 

 

ドゥブロブニク|ピザ

Pizza。

 

ピザがまずい国なんてないんでね。

安くても高くてもピザは美味しいんでね。

どんなに物価が高くてもスライスピザを高額で出す店なんてないんでね。

 

 

いつか、いつかまた来たときは白ワイン入ったグラスをころころさせながら貝とパスタでも食べてやるんだい( ;∀;)( ;∀;)

 

 

そう胸に誓いました。

ドゥブロブニクはちょいと物価高めです!!

 

↑ここで食べました

 

 

要塞からの景色&海どぼん

ドゥブロヴニク|旧市街

要塞側からの景色もとても綺麗でした(´▽`)☆

結構階段はきつかったですが・・(笑)

 

 

さて、今日もビーチに行きます!!

 

ドゥブロブニク|ビーチ

要塞から歩いて少しのところにある、家族連れが多いビーチに来ました(*’ω’*)

旧市街で私もゴーグルを買ったので、たくさん海の中を探検したいと思います!

 

 

ドゥブロブニク|海の中ドゥブロブニク|海の中

お魚たくさんいます!!人が多い分、昨日のビーチよりは少ないかな。

 

ドゥブロブニク|海の中

でもウニがいました!毒があるやつと見分け方がわからないので拾ってませんが・・

 

 

ここのビーチも岩場なので基本的に全て足がつかないんですが、

小さい子から大人まで浮き輪やゴーグルなどを使う人はほぼいない。

おばあちゃんとかもぷっかぷかして楽しんでました。

 

 

そこで思ったのが、

私たちふたりはゴーグルがあって魚がいるから海が楽しいのですが、

ここで海に来ているひとたちは海と一体になることを楽しんでいるのかもしれないなと思いました。

だから誰も浮き輪とか持ってないしゴーグルもつけないし、、水着も小さいのかなとww

まあ、岩場だから浮き輪なしってのもあるんでしょうけどね。

 

 

ここで私は立ち泳ぎが慣れてきたのと、平泳ぎに自信がついたという成長があったのでとても嬉しかったです(*’ω’*)

くにちゃんは今回もはしゃぎすぎてへとへとになっていました。高燃費。

 

水シャワーをさーーっと浴びて宿に帰りました(´▽`)!!

 

 

Schweppes

このSchweppesというビターレモンの炭酸飲料が、炭酸あってももちろん美味しいし炭酸抜けてもほろ苦いレモネードになって美味しいのでおすすめです♡

 

 

生活の記録コーナー

本日のご飯

朝→ピザパン・チョコドーナツ・ヨーグルト

昼→ピザ・バナナ・アイス

 

夜→スーパーのお惣菜

お惣菜|ドゥブロブニク

本日の宿

Nikolina Rooms

本日使ったお金

12000円です。(1クーナ≒17円)

宿泊費:3900円

食費:1850円

観光費:6300円

 

Schweppesはウクライナでも見つけたので今も飲んでます。

mizuho

****************************************************
ブログランキングに参加中です!
おもしろかったり、役に立ったりしたら
世界一周ボタンをぽちっとお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
****************************************************

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です