オーストリア

日帰りウィーン観光!タイムトラベルツアーが楽しくておすすめ!<Day212>

シュテファン大聖堂

どうもこんにちは、みずほです!

 

リアルタイムではカッパドキアにつきました。

着いた瞬間わくわくする場所ですねここは。

日の出がとても綺麗とのことなので早起き頑張らなくては!

 

さて、212日目の9月4日はブラチスラバから電車でウィーンに日帰り観光してきました!

本場のザッハトルテは違いました!!

 

ブラチスラバからウィーンへ電車移動

ブラチスラバ駅

ブラチスラバ駅でウィーン行きのチケットを買います!

 

 

ブラチスラバからウィーンへのチケット

往復でひとり14ユーロ(1820円)でした。思ったより安いです。ちょっと隣の国まで2000円そこらで電車で行けるっていいですねー。

日本じゃお隣に行くのに飛行機か船乗らないといけないし、何万もするし、そりゃなかなか出られないですよね(‘ω’)

 

 

ブラチスラバ駅

8:38に乗りまーす♪

日帰り観光なので朝早めに出発!

ウィーンはオーストリア語でウィーン(Wien)で英語でビエナ(Vienna)と言います。日本は現地呼びに合わせてるんですね。

 

 

ブラチスラバからウィーンへの電車ブラチスラバからウィーンへの車窓風景ブラチスラバからウィーンへの車窓風景

乗って1時間ほどでウィーンに到着。

ずっと車窓からの眺めを楽しんでました。楽ちん~~。

 

 

シェーンブルン宮殿へ!

ウィーン|メトロチケット

我々がまず初めに向かうはシェーンブルン宮殿!

ウィーンのメトロは1回券が2.4ユーロ(≒312円)とお高い。ウィーン代ですか?高すぎやろけい!

 

 

シェーンブルン駅

シェーンブルン駅に到着~~

駅からしてちょっと味出してきてる~~

 

 

 

駅から宮殿までは10分少々歩くのですが、道中は

 

シェーンブルン駅

フランツヨーゼフさんとか

 

シェーンブルン駅

シシーとか

 

シェーンブルン駅

ガキンチョのモーツァルトの看板があったりして

ハプスブルクーーー!!

みたいな感じでテンション上げることができます。

 

 

ハプスブルク、ああなんか記憶の片隅にいるけど何だったっけ・・と私はヨーロッパ来る前に思っていたので、ここでおさらい!!

 

ハプスブルクけ【ハプスブルク家】

13世紀から20世紀初頭に至る神聖ローマ帝国およびオーストリアの王朝。15~16世紀にはヨーロッパから新大陸に及ぶ広大な家領を有し、一族で支配権を分有した。その歴史は13世紀から20世紀に及ぶが、16世紀の全盛期をピークに、ヨーロッパ史の軸となる存在であった。そのため、ハプスブルク家が君主となった国家、神聖ローマ帝国(962~1806年、ただしすべての皇帝がハプスブルク家だったわけではない)、オーストリア帝国(1806~1866年)、オーストリア=ハンガリー帝国(1867~1918年)を広い意味でハプスブルク帝国ということもある。

 

ってな感じで、以前オーストリアだけでなくヨーロッパの大部分や南米まで統治していた王朝です。

有名なマリーアントワネットもハプスブルク家の出身で、政略結婚でフランスに嫁ぎました。

モーツァルトは6歳のときに女帝マリアテレジアの前で演奏をしたと言われています。

ハプスブルク家は650年続きましたが、第一次世界大戦で敗北して消滅します。

ちなみにハプスブルク家は血族内結婚も多くて似た顔が多いらしいです。ちょっとしゃくれいてすぼんだ唇が身体的な特徴とのこと。

 

 

で、そのハプスブルク家が別荘としてここウィーンにシェーンブルン宮殿を造ったわけです。

 

 

それがこちら!!

 

 

シェーンブルン宮殿

大きい!!!!!

 

 

シェーンブルン宮殿

黄色い外壁が青空によく映えますね。

元々は金色に塗ろうとしていたところ、財政がきつめだったことから女帝マリアテレジアが金に近い黄色で塗るよう指示したことから、マリアテレジアイエローと言われています。

 

 

 

シェーンブルン宮殿

内部へ入るチケットは一番安いもので14.2ユーロ(≒1850円)です。

二人で入るとなるとちょっと高いのとMさんがあまり内部を推してなかったのを考慮して、今回はチケットを買わず外観と庭園のみ楽しむことにしてスキマから中を少し覗きました(笑)

 

 

 

庭園に行ってみます。

 

シェーンブルン宮殿|庭園シェーンブルン宮殿シェーンブルン宮殿

ひっろい!!きれい!!

ここまで大きい別荘を造らせるとは、権力の大きさを感じられますねー。

ZOZOの前澤さん、ソフトバンクの孫さん、ユニクロの柳井さんとか日本の資産家たちもやがて見学対象となるような豪邸を作ったりするんですかねー。

 

 

ホテルザッハでザッハトルテ♡

ホテルザッハ

ザッハトルテ発祥と言われているホテルザッハで本場のザッハトルテをいただきます!!

 

 

ホテルザッハ

内装はおしゃれでちょっと萎縮するくらい・・( ゚Д゚)笑

サンダルでも入って大丈夫ではありますが、おしゃれしてたほうが写真映えしそうです♡

 

 

ホテルザッハ

飲み物なしのザッハトルテ2つだけでいこうとするも、店員さんに「ご一緒にコーヒーはいかがでしょう?」と言われThe日本人な私は「あ、じゃあ頼もうかな・・」と頼んだこのお店のトラディショナルなホイップ付きラテが5.7ユーロ(≒740円)しました。

 

ウィーン高いよおおおおお!!!!

美味しいけどさあああああ!!!!

 

 

ホテルザッハ

ザッハトルテはというと、めっちゃ美味しかったです。

何でしょう。日本で食べるザッハトルテはチョコ!!!ちょっとだけジャム。って感じでほぼジャムの部分は感じませんがこちらはチョコレートのほどよい甘さが入ってき・・アプリコットジャム香るううううう!!!って感じです。

上品な甘さと香りで凄く美味しかったです。ホイップつけて食べても凄く美味しいです。

 

チョコレートケーキ好きなくにちゃんも感動してました。

 

くに
くに
これめっちゃ美味しい!初めて食べた感じ!すごい美味しい!!

 

くに
くに
ファミマのザッハトルテと別物!!でもファミマも好き!!

 

 

ザッハトルテは1つ7.1ユーロ(≒920円)とさすがのウィーン価格。

でも大満足だったので行って良かったです(*’ω’*)!!!

 

ホテルザッハかDEMELってところが有名なので、いつか食べ比べもしてみたいなーと思いました(*’▽’)

 

目の前にはオペラ座もありました!

オペラ座

 

ウィーンの街並み

ウィーン街並みウィーンの街並み

 

ウィーン街並み

思ったより、都会です。駅からの眺めが名古屋っぽい。笑

もっと中世のヨーロッパ♡感があるかと思いきや、結構どこにでもあるような街並みで驚きました。笑

 

 

ウィーン|焼きそば

まあそのおかげか、何でも高いウィーンでも安いアジアフードなんかも食べることができたので助かりました!日本の焼きそばっぽくて美味しかったです。

 

 

シュテファン大聖堂と聖ペーター教会

シュテファン大聖堂

ウィーンを代表する教会「シュテファン大聖堂」は1137年に建てられ世界で3番目に高い聖堂です。

ただの都会っぽいウィーンに突如現れる細かい装飾の施された大聖堂に逆に感動せざるを得ず、私もくにちゃんも興奮(*’ω’*)

 

シュテファン大聖堂

 

 

中に入ってみましょう!!

 

 

シュテファン大聖堂

 

綺麗~~~。

ちょっと暗くて、シンプルな天井と豪華に装飾された柱の対比が良い感じ。

 

シュテファン大聖堂シュテファン大聖堂シュテファン大聖堂

宗教施設って心が落ち着くような感じがして私たちはとても好きです。静かですしね。

 

 

続いては聖ペーター教会。

こちらは9世紀頃に建てられたものでウィーンで2番目に古い教会です。

 

外観は割と地味なんですが、中がとっても綺麗!!!

 

 

聖ペーター教会

 

金が多くて若干趣味が悪いような気もしなくもないですがそれでも綺麗。

平日は15時から開催されるパイプオルガンの演奏も聞けてウィーンっぽいひと時を過ごせました。

 

 

ウィーンのタイムトラベル!

タイムトラベルツアーウィーン

王宮へも行きましたが長くなってきたので割愛して、タイムトラベルウィーンに参加してきました!

 

 

タイムトラベルツアーウィーン

建物の中で、こんな感じのアクティビティを体験しながらウィーンの歴史を学べる時間旅行ができるらしいんです。

料金はひとり15.5ユーロと少しかかりますが、楽しそうなのでやってみましょうー!!

ちなみにネット予約が15.5ユーロで、現地だと+2ユーロくらいかかります!

 

 

タイムトラベルツアーウィーン

いざ入場!!どんな感じなんだろう~??

 

 

タイムトラベルツアーウィーン

日本語のオーディオガイドを貸してもらえます!

案内してくれるスタッフが1人いて、その回のメンバーでスタッフについていきながら周ります。

 

 

最初はスタッフが「◎%’#$’&*>~」と急にドイツ語でしゃべりだすので

分からんがな!!!( ゚Д゚)

と思いましたが他言語のひとだけオーディオガイドを持っていて、ドイツ語のひとはスタッフの説明を聞く、という仕組みらしくオーディオガイドの音声を聞いてみるとスタッフが話している内容を日本語で聞くことができました。

 

なるほどね(´▽`)

 

オーディオガイドも持ち歩いている人が他に1組しかいないのでアセアセしちゃいました。他のみんなはオーストリア人かドイツ人なんですかねー(´▽`)

 

 

内部は撮影禁止だったので文字だけで伝えさせていただきます!

 

ここの建物は昔は修道院として使われていて、戦時中は防空壕になり、今は歴史を伝える建物として使われているらしいです。

 

 

まず初めはこの時間旅行でよく登場する人物(モーツァルト、フランツヨーゼフ、マリアテレジア等)の絵があり、途中から絵がしゃべり出してちょっとしたコントみたいなやつを見ます。

人物の特徴を誇張した感じで結構面白いです!モーツァルトって大人になってもガキっぽかったんだなーとか、難しいこと考えずすんなり見て楽しむことができます。

 

 

その次はディズニーランドのスターツアーズみたいな感じで席に座って3Dメガネをかけてウィーンの歴史を時間旅行します。繁栄や衰退の様子を感じることができます。風が吹いたり揺れたりするのでアトラクション!って感じで楽しい(´▽`)☆

乗り物酔いしやすい私ですが大丈夫でした!

 

 

次は確か先ほどの絵にあった人物たちの人形があって、ここでも彼らの掛け合いを聞きます。

ここではお互いをいじりあってる感じで、愉快であるとともに勉強にもなって良かったです。

 

 

その次は、ペストという伝染病が流行ったときのウィーンにあった集団墓地を再現された場所で墓地の様子や死体の人形を見て「うおお・・」ってして、

最終的には酔っぱらって間違えて集団墓地に運ばれたおじさんが歌ったことで墓地外の人に気づいてもらえて助かった、みたいな話を聞いて「愛とユーモアと音楽があればどんなことも乗り越えられる」という名言で締めくくりされます。ヨーロッパっぽいなー。笑

 

 

あとはモーツァルトの音楽を聴きながら球体の周りに座ってぐるぐる回るやつがあって、これは歴史の勉強とは関係なく素直にモーツァルトの曲ってめっちゃ有名だなほんと、って思います。笑

ピアノ始めようかとおもいました。笑

 

 

最後は第二次世界大戦のときの防空壕の様子を再現されている部屋に入って、空襲のサイレンや振動を体感したりできました。

1人タイル2枚半しかスペースはなかったときいて狭さを実感できたり。

日本ではガマとか防空壕に入る経験はしたことがありますが、こうやって狭い空間で空襲の振動を体感する施設は行ったことがない(あるんですかね?)ので新鮮な体験でした。

 

 

 

と、オーストリアやヨーロッパの歴史に詳しい人にとってはちょっとユニークにしすぎてどうかと思われると思うけど

私たちみたいに「あんまり知識ないけど興味がある」タイプの人なら凄く楽しめると思います!

 

 

Googlemapで色々見てて偶然見つけたので、良かったら行ってみてください↓

 

 

 

 

生活の記録コーナー

本日のご飯

朝→パン

昼→焼きそば、ザッハトルテ

夜→自炊

本日の宿

Mさん宅

本日使ったお金

12000円です。(1ユーロ≒130円)

宿泊費:0円

食費:3500円

移動費:4300円

観光費:4200円

 

くにちゃんはシュテファン大聖堂が相当気に入ったようで、今でもよく「シュテファンは良かったよねー」と言っています。

 

mizuho

****************************************************
ブログランキングに参加中です!
おもしろかったり、役に立ったりしたら
世界一周ボタンをぽちっとお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
****************************************************

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です